「HS番号(関税分類)の不一致が生じる理由」のページを追加しました。

 輸出国と輸入国で適用されるHS番号が異なることがあるとよく言われます。本来は世界各国で同一商品には同一のHS番号が対応しなくてはならないはずですが、HS番号(関税分類)の不一致が何故生じるのでしょうか?
 種々の理由がありますので、解説していきたいと思います。
 詳しくは こちら

EPA/FTA原産地証明のコンサルティング

コンサルティング
*原産地証明書の根拠資料の作成方法が分からない。
*JETROや商工会議所に相談したが、原材料のHSコードが分からない。
*輸入国税関から問い合わせが来たが、どのように対応したらよいかわからない。

初歩の初歩から対応いたします。
是非、HSコードのプロにお任せください。
作業に着手するまでのご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


4 × 1 =