「日EU・EPA及びCPTTPの原産品申告書の作成方法」を追加しました。

日EU・EPA及びCPTTPの原産品申告書の作成方法」のページを追加しました。
 原産品申告書(原産地証明の自己申告書)の作成自体はそれ程難しいものではありません。しかし、産品の原産性の確認を十分に行わずに安易に原産品申告書を作成したり、作成を代行業者に依頼することは危険です。
 原産品申告書作成のための基礎資料の作成から原産地基準を満たしていることの確認、証拠書類の作成まで解説しています。

EPA/FTA原産地証明のコンサルティング

コンサルティング
*原産地証明書の根拠資料の作成方法が分からない。
*JETROや商工会議所に相談したが、原材料のHSコードが分からない。
*輸入国税関から問い合わせが来たが、どのように対応したらよいかわからない。

初歩の初歩から対応いたします。
是非、HSコードのプロにお任せください。
作業に着手するまでのご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


nineteen − 4 =

前の記事

日米貿易協定の合意