HS(関税分類)講座開設しました

 商品に実際にHS番号を付けるにはHSの「通則」に関する知識が必要です。基礎的な事項を解説しました。
 また、化学品、プラスチックのHS(関税)分類をどのように行うのか、基礎的な事項について解説します。
 詳しくはこちら

EPA/FTA原産地証明のコンサルティング

コンサルティング
*原産地証明書の根拠資料の作成方法が分からない。
*JETROや商工会議所に相談したが、原材料のHSコードが分からない。
*輸入国税関から問い合わせが来たが、どのように対応したらよいかわからない。

初歩の初歩から対応いたします。
是非、HSコードのプロにお任せください。
作業に着手するまでのご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


seventeen + nineteen =

次の記事

税関記念日と改暦